三線を始める方にとって1番難しいのが「調弦」で、そんなあなたの力になってくれるのが「チューナー」です。

SNARKチューナー

SNARKチューナー

天久三線工房のサークルでは三線を教える際、基本的な調弦ができないとご家庭での練習が出来ないため、 簡単に調弦ができるSNARKチューナーをすすめています

スイッチが1つで周波数を合わす必要がなく、1回転することでどこからでも見やすく、また、バックライト内臓なので暗い場所でもしっかり見え使いやすいという特徴があり、他のメーカーのチューナーもいろいろ試してみましたが、このSNARKがオススメです。
実際、生徒さんからも使いやすいとの声が多く、初心者の方に人気です。

SNARKチューナーを加工

SNARKチューナーを加工

その他に、生徒さんから「持ち運びや、取り付け、取り外しが大変だ。」と言う声もあったので、 SNARKチューナーを加工し直接三線の棹に取り付けてみたところ評判がよく、「チューナーを取りはずさずに、そのまま三線と一緒にケースにしまえるのでとても便利だ」と喜びの声もありました。
希望者には取り付け加工サービスを実施しています。

EQ 三線

EQ三線

また、上級者の方には、特殊なエレキ三線でイコライザーと調弦チューナーが一体となった「EQ 三線」がオススメです。
自分のお気に入りの三線に、特殊加工でEQエレキのリメイクサービスも行っています。

調弦の合わせ方

まず、三線調弦早見表をご覧ください。
三線の基本となる本調子(4の高さ)で合わせる時は、
   男絃C  中絃F  女絃C(男絃より1オクターブ高いCで合わせます)
それぞれの音が真ん中の緑色になればチューニングOKです。
「少し音が高いな」っと思えば3の高さ(B , E , B)又は、2の高さ(A♯、D♯、A♯)に合わせると音が低くなり唄いやすくなります。
天久三線工房では、チューナ購入者には分かりやすいオリジナル調弦表もセットで販売しています。
価格は税込で1980円。

オリジナル調弦表

調弦表2

オリジナル調弦表

http://sanshin.thebase.in/items/1851500